蓼科はいつも晴れ

長野は観光立国ですが、なかなか整備はされておりません。
諏訪、白馬、アルプス、戸隠、軽井沢、伊那・・・
どこも自然がいっぱいです。

おそばもおいしいですし、囲炉裏でおやきもおいしいです。

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

文化の正当性

捕鯨に反対する人々による反対運動
捕鯨は日本の文化だとする人々


かつてアメリカは捕鯨大国でした
ペリーがやってきて、自国の船団が食料、水などを 供給する場所が必要でした


彼らは捕鯨をほとんどやらない・・・捕鯨文化はどうなっているんでしょう?


鯨を食べる文化を絶やさない?

世界中の生物を絶滅に追いやった人間の際限なき食欲?


文化は変容するもの・・・もし古代の文化が今残っていたら

おっかなくて生きてられないですね・・・


文化は守るべき物でなく、時代の選択に身をゆだねながら残った残滓

文化のために文化を守るのは本末転倒

人が変わって文化が変わらないと言うことはない


ミシェルレリスの闘牛鑑を読み直しましょう




同じく ミシェルレリスの作品

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

お名前
email
URL
コメント

この記事のトラックバックURL

トラックバック

人気ブログランキング

リアルタイムランキング


おすすめ商品

解析中ーTW

AMZON 図書

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧